アキバ系OL アニーのランニング日記

アキバ系OLまっしぐら! 好きなときに美しく走り、好きなときに気高く飲む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
熊野の旅2日目。
部屋から日の出がみられるというので、5時11分の日の出時間にあわせて起きる。辛い…

起きるとあたりは明るいけど、太陽の姿がない…。あれ、、もうすっかりあがっちゃったのかなぁ…と思っていると、窓の正面からボヤ~とした赤いものが。太陽だ!!天気がとってもよかったので、太陽がハッキリみえ、なんともいえない神秘的でした。あっという間に上がってしまい、そのあとは丸い姿をみることができず、海や地を強い光で照らしてしました。
2008-04-30-08.jpg
昔の人は、「天照大御神」を太陽の神様としたのも納得です。
2008-04-30-09.jpg
海の上に、太陽に光の道が私達のいるところまでのびていて、とっても神秘的で感動です。

ご来光を堪能して、3回めの温泉へ。
ここのホテルで一番評判のよい「忘帰洞 大洞窟温泉」へ。ここは大正初期元紀州藩の徳川頼倫公が来遊され「帰るのを忘れるほど」 とほめて名づけられたものです。
キラキラ光る海をみながら、ゆっくり温泉につかり、とっても幸せ。

朝食を食べ、9時過ぎにチェックアウト。今日は熊野速玉大社、熊野那智大社へ。

【熊野那智大社(世界遺産)】
紀伊勝浦駅からバスで「那智大社」手前の「大門坂」で下車。熊野古道を少しは歩かないとね、ということで、ここから歩いて那智大社に行くことにしました。

今日はめちゃくちゃいい天気で、Tシャツでも暑い。
2008-04-30-10.jpg
(左)歩いてすぐに、夫婦杉という2本の杉がお出迎え。樹齢800年。人が小人みたい。
(右)樹齢800年の楠大樹。

2008-04-30-22.jpg
石の階段を延々と登っていきます。木立の空気がとっても気持ちがいいです。階段辛いですが…

2008-04-30-11.jpg
那智大社まで470段の階段…階段…階段。
のぼりきると、熊野那智大社が現れます。ここからの眺めが絶景です。自然しかみえないのですが、心が洗われる気がします。
2008-04-30-20.jpg

2008-04-30-21.jpg
天然記念物 那智の樟(くす)
樹齢800年。平重盛の手植えの樟として伝えられているそうです。

樹の中は空洞になっていて、願い事を札に書いて、その空洞を通りお札をおくと願いことが叶うとか。もちろんやりました!

【青岸渡寺(世界遺産)】
熊野那智大社の隣にあります。
中に入って、お賽銭の前に銅鑼(ドラ)?鐘のような鐘ダライのようなものがぶら下がっていて、それを鳴らしてお賽銭を入れてお参り。その鐘をならすととってもいい音。お寺なのにおかしいな?っと思いながら、古いお寺の感じがとても心地よく、なんともいえない安心感がジワジワと。
この感覚はなんだろうな…と思いながら、若そうな住職さんにこのお寺の歴史をきいてみると、目をつぶりながら(思い出しながら?)、ゆっくり教えてもらえました。
2008-04-30-12.jpg

現在の建物は、1590年の豊臣秀吉によって再建され、その前は6回も焼け落ちているそうです。さっきいい音だと思ったドラのような鐘は、豊臣秀吉からの贈り物だそうです。心に響く音色でした。

【那智の大滝(世界遺産)】青岸渡寺から歩いて那智の大滝へ。急な坂&石の階段をひたすら下ります。
2008-04-30-13.jpg


133メートルの大滝は、ものすごい迫力です。周りの空気がとってもひんやり澄んでいて、マイナスイオンが満載です。
2008-04-30-23.jpg


那智の大滝から、熊野速玉大社へ行く予定。バスの時間がなかなかあわず、近くのお食事処でランチ。
2008-04-30-15.jpg
めはり寿司定食。めはり寿司は、しょうゆ漬けの高菜をご飯で巻いたものです。熊野詣をしていた人たちの保存食で、そのころはもっと大きく、目を張るように口を開けて食べたから「めはり寿司」というらしいです。
定食に、たけのこの煮付けがあり、このあたりで取れたたけのこです。これがやわらかくて美味しいかったぁ♪

バスがきて紀伊勝浦駅までもどり、そこから電車で新宮駅へ向かいます。
新宮駅着が、14:50。空港にいくために乗らなければいけない電車が、15:45。
ええええっ、、、1時間もない!あと「熊野速玉大社」と「神倉神社」と2箇所行く予定だったのに。

1時間弱で、1箇所でも観光できないかもしれない微妙な時間。どうしよう…2箇所諦めて駅でゆっくりするか、1箇所に決めてタクシーでまわるか。
「神倉神社」は行きたいね、と二人の意見は合致し、とりあえずタクシーの人に40分で観光可能聞いてみることに。

駅につき、ダッシュでタクシー乗り場のおじちゃんに聞いてみると。「上まで行くの?あたなたちが?だいたい1時間はかかるよ。早い人でも40分ぐらいかな」っと。ここまできたからには、途中まででもいいので行ってみよっか、と決心して、急いで向かいました。タクシーから「神倉神社」までは5分ちょっと。

【神倉神社】
2008-04-30-16.jpg
階段が400段ほどあるというので、覚悟をしてのぼると、暑いけどなんだか気持ちがよく、するする登ることができました。りんりんが、アニーは天狗みたいだったよ。っていってました(笑)
2008-04-30-17.jpg
登ってお参りをして下ってだいたい30分ほどでした。ちゃんと目標クリアし、りんりんと「やっぱり、なんでも諦めてはいけないねー」と大きな学びを得た気がしました。

予約したタクシーが着たら乗り込み、駅まで。タクシーおじちゃんが「神倉神社」は2月と7月にお祭りがあって、男性が白装束を着て松明を持って上からかけ下りていくんだよ。、と教えてくれました。あれれ?どっかで聞いたことがあるような…あっ、お友達が今年行ってきたと言ってた…ココだったんだ!!ビックリ。
神倉神社の階段は半端なく急で、途中手を使わなければ下りられない石の階段です。これを駆け下りるとは…信じられない。。。以前は賞品が出たそうですが、危ないのでなくなったそうです。いままで大きな事故はないようです。

無事、新宮駅で電車に乗ることができて、白浜駅へ。
白浜駅で少し時間があったので、和歌山ラーメンを食べることに。ホッとしたところで、ナギサ地ビール。めっちゃ美味しい~♪
2008-04-30-18.jpg
今回はくえが食べられなくて残念>< こちらでも幻で白浜でしか食べられないみたいです。

2日めは1000段以上階段を上がったり下がったりとしたんじゃないかな。1泊2日は、時間の無駄もなく充実した、気持ちもすっきりとしたスピリチュアルな旅でした。

次はゆっくりと時間をかけて、古道を歩いてみたいなぁ。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

annie618

Author:annie618
アキバ系OLではありますが、毎日楽しく暮らしています!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。